調剤薬局に最低1つは置いておくべき とても便利な電卓

おすすめグッズ

当薬局では、この電卓が発売されると聞きすぐに購入しました。

そして購入して数ヶ月使用しましたが、本当に買ってよかったと思っています。

めちゃめちゃ役に立つ電卓ですので、ここでご紹介させていただきます。

カシオの余り計算電卓

それが、このカシオの「余り計算電卓」です。

色々な機能があるのですが、特に薬局で役に立っている機能が2つあります。

余り計算ー と ー日数計算ー です。

余り計算

例えば、下記のような処方の場合。

リマプロストアルファデクス錠5μg 3錠
1日3回 毎食後 30日分

90錠を取り揃えますね。
リマプロストアルファデクス錠は21錠シートのため、
『21錠シートを4つ』と『6錠』の計90錠を取り揃えればよいです。

この計算が「カシオの余り計算電卓」ならカンタンに出来ます。

①90錠を取り揃えるので、「90」と入れます。

②この薬は21錠シートなので、「÷余り」⇒「21」と入れます。

③そして、「=」イコールを押します。

はい。
『21錠シートを4つ』と『6錠
を取り揃えればよいと出ました。

 

こんな計算なら いつも暗算でやってるよ! という方がほとんどかと思います。

では、
下記のような処方だったらどうでしょうか

リマプロストアルファデクス錠5μg 3錠
1日3回 毎食後 55日分

はい。3×55=165錠を取り揃えないといけませんね
①「165」と入れます。
(3×55=165 でも大丈夫です。)

②21錠シートなので、「÷余り」⇒「21」と入れます。

③そして、「=」イコールを押します。

はい。
『21錠シートを7つ』と『18錠
を取り揃えればよいと出ました。

暗算できたとしても、
この電卓でも確認をとると、かなり安心できます。

 

日数計算

上記の「余り計算」が出来るだけでも、十分に買う価値はありますが、
更にもう1つ、薬局で役立つ機能があります。

それがー日数計算ーです。

例えば、

<スポンサー>

10月4日に84日処方が出たとします。
患者さんから、「84日後はいつかいな?」と たずねられました。

12週間後なので
カレンダーを見て、1・2・3・4・・・と,かぞえてゆくのも良いですが

『カシオの余り計算電卓』を使えば、カンタンです。

①今日は『10月4日』なので、
10」⇒「日数/時間」⇒「4」⇒「日数/時間」と押します。

②84日後がいつになるのかを知りたいので、
+(たす)」⇒「84」と押します。

③そして、「=」イコールを押します。

はい。
10月4日の84日後は、12月27日です。
年内にもう1回受診してくださいね。
とお伝えできますね。

 

めちゃくちゃ便利です。
近くの文具屋さんに無くても、アマゾンで購入できます。

 

 

・・・ちなみに、この日数計算
「引き算」も出来ます。

引き算だと、こういったケースで役立つでしょうか。
※仮に、今日が7月27日だとします。
「次の受診日が9月14日だけれど、1日1錠ずつ飲んでる薬があと50錠ある。受診日まで足りるかな?」と たずねられました。

①(9月14日 と入力したいので)
9」⇒「日数/時間」⇒「14」⇒「日数/時間」と押します。

②(50日前を求めたいので)
(ひく)」⇒「50」と押します。

③そして、「=」イコールを押します。

9月14日の50日前は、7月26日です。

※ちなみに、今日は7月27日という設定でしたので、
『薬は足りますよ』という事がお伝えできます。

便利な電卓を紹介させていただきました。

他にも色々と書いています

コメント