調剤報酬

調剤報酬クイズ

外用薬と内服薬の重複や相互作用等による減薬提案でも、服用薬剤調整支援料2は算定できる?

服用薬剤調整支援料2に関する調剤報酬クイズ Q:内服薬どうしの重複や副作用の可能性等による減薬提案で服用薬剤調整支援料2は算定できますが 内服薬と外用薬の重複投薬や副作用の可能性等による内服薬の減薬提案でも服用薬剤調整支援料2は算定できま...
調剤報酬クイズ

外来服薬支援料1と2(一包化)は同時算定できますか?【2022年改訂】

Q:外来服薬支援料1と2(一包化)は同時算定できますか? 例えば、患者さんが一包化指示のある処方箋と一緒に、他薬局にて調剤済みの薬を持って来られて「こっちの薬(PTP)も一緒に一包化してくれたら助かる」といった場合、 処方箋の指示どおり一...
調剤報酬クイズ

調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)は同時に算定可能ですか?【2022年改訂】

Q:例えば 内服薬と外用薬が同時に処方されている場合、調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)は同時に算定可能ですか? (答えは下) (adsbygoogle = window.adsbygoogle...
調剤報酬クイズ

割線がない錠剤でも自家製剤加算(錠剤分割)は算定可能ですか?【2022年改訂】

Q:割線がない錠剤でも自家製剤加算(錠剤分割)は算定可能ですか? (答えは下) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); A:算定可能です。 ...
調剤報酬クイズ

歯科の処方箋は同一医療機関でも別受付になるのか? #調剤報酬クイズ2022

【クイズ】 同じ患者さんから同じ日に、同じ病院から発行された複数の処方箋(リフィル処方箋を含む。)を受け付けた場合は通常 一括して受付1回と数えますが、 同じ病院から交付された場合であっても、歯科の処方箋については歯科以外の処方箋と歯科の処...
調剤報酬

特別調剤基本料(7点)とは【2022年改定】

特別調剤基本料(7点)は 大雑把に言うと ・保険医療機関と不動産取引等の関係があって、集中率が70%より高い薬局 ・調剤基本料(1,2,3のイ~ハ)の届け出を行っていない薬局 が算定する調剤基本料の事です。 (adsbygo...
調剤報酬

調剤基本料の注4(妥結率50%以下は50%減算)とは【2022改定】

大雑把に言うと、 ・妥結率が50%以下の薬局 ・妥結率の報告を行っていない薬局 ・薬剤師のかかりつけ機能に係る基本的な業務の算定回数が年間10回未満の薬局 は、調剤基本料が50%減算になる という事です。 薬剤師のかかりつけ機能に...
調剤報酬

調剤基本料の注8(後発率50%以下は5点減算)とは【2022改定】

大雑把に言うと、 ・後発率が50%以下の薬局 または ・年1回(毎年7/1時点)の後発率の報告を行っていない薬局 は、調剤基本料が5点減算になる という事です。 (adsbygoogle = window.adsbygoog...
調剤報酬

在宅患者調剤加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 在宅患者調剤加算 注8 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において、区分番号15に掲げる在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者その他厚生労働...
調剤報酬

計量混合調剤加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 計量混合調剤加算 注7 2種以上の薬剤(液剤、散剤若しくは顆粒剤又は軟・硬膏こう剤に限る。)を計量し、かつ、混合して、内服薬若しくは屯服薬又は外用薬を調剤した場合は、計量混合調剤加算として、1調剤につ...
調剤報酬

算定〇×クイズ形式でわかる 自家製剤加算【2022年改定】

自家製剤加算とは、錠剤を割ったり・粉砕したり、液剤と散剤の混合製剤を作る等することで算定できる点数です。 下記のとおり、剤形ごとに点数が決められています。 イ 内服薬及び屯服薬 (1) 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス...
調剤報酬

夜間・休日等加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 夜間・休日等加算 注5 午後7時(土曜日にあっては午後1時)から午前8時までの間(深夜及び休日を除く。)、休日又は深夜であって、当該保険薬局が表示する開局時間内の時間において調剤を行った場合は、夜間・...
調剤報酬

深夜加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 時間外加算、休日加算、深夜加算 注4 保険薬局が開局時間以外の時間(深夜(午後10時から午前6時までをいう。以下この表において同じ。)及び休日を除く。)、休日(深夜を除く。以下この表において同じ。)又...
調剤報酬

休日加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 時間外加算、休日加算、深夜加算 注4 保険薬局が開局時間以外の時間(深夜(午後10時から午前6時までをいう。以下この表において同じ。)及び休日を除く。)、休日(深夜を除く。以下この表において同じ。)又...
調剤報酬

時間外加算【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 時間外加算、休日加算、深夜加算 (薬剤調整料の)注4 保険薬局が開局時間以外の時間(深夜(午後10時から午前6時までをいう。以下この表において同じ。)及び休日を除く。)、休日(深夜を除く。以下この表に...
調剤報酬

麻薬加算,向精神薬加算,覚醒剤原料加算,毒薬加算(薬剤調整料)【2022改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 麻薬等加算 注3 麻薬を調剤した場合は各区分の所定点数に1調剤につき70点を加算し、向精神薬、覚醒剤原料又は毒薬を調剤した場合は、1調剤につき8点を各区分の所定点数に加算する。 調剤報酬点数表に関す...
調剤報酬

無菌製剤処理加算(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 無菌製剤処理加算 注2 5の注射薬について、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険薬局において、中心静脈栄養法用輸液、抗悪性腫瘍剤又は麻薬につき無菌製剤処...
調剤報酬

内服用滴剤(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 内服用滴剤 注1 1の内服薬について、内服用滴剤を調剤した場合は、1調剤につき10点を算定する。
調剤報酬

外用薬(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 外用薬 6 外用薬(1調剤につき) 10点 注 4調剤以上の部分については算定しない。 調剤報酬点数表に関する事項(2022)より引用 (6) 外用薬 ア 外用薬の薬剤調製料は、投与日数にかか...
調剤報酬

注射薬(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 注射薬 5 注射薬 26点 注 1回の処方箋受付において、注射薬を調剤した場合は、調剤数にかかわらず、所定点数を算定する。 調剤報酬点数表に関する事項(2022)より引用 (5) 注射薬 ア 注...
調剤報酬

湯薬(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 湯薬 4 湯薬(1調剤につき) イ 7日分以下の場合 190点 ロ 8日分以上28日分以下の場合 (1) 7日目以下の部分 190点 (2) 8日目以上の部分(1日分につき) 10点 ハ 29日分以上...
調剤報酬

浸煎薬(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 浸煎薬 3 浸煎薬(1調剤につき) 190点 注 4調剤以上の部分については算定しない。 調剤報酬点数表に関する事項(2022)より引用 (3) 浸煎薬 ア 浸煎薬とは、生薬を薬局において浸煎...
調剤報酬

頓服薬(薬剤調整料)【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 頓服薬 2 屯服薬 21点 注 1回の処方箋受付において、屯服薬を調剤した場合は、剤数にかかわらず、所定点数を算定する。 調剤報酬点数表に関する事項(2022)より引用 (2) 屯服薬 屯服薬...
調剤報酬

経管投薬支援料【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 区分15の7 経管投薬支援料 100点 注 胃瘻ろう若しくは腸瘻ろうによる経管投薬又は経鼻経管投薬を行っている患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者の同意を得た上で、簡易懸濁法...
調剤報酬

服薬情報等提供料1,2,3 とは【2022改定】

服薬情報等提供料1,2,3とは、大雑把に要約すると ・服薬情報等提供料1 30点=医療機関から求められて情報提供した場合 ・服薬情報等提供料2 20点=患者等から求められたor薬剤師が必要性を認め情報提供した場合 ・服薬情報等提供...
調剤報酬

退院時共同指導料【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 区分15の4 退院時共同指導料 600点 注 保険医療機関に入院中の患者について、当該患者の退院後の訪問薬剤管理指導を担う保険薬局として当該患者が指定する保険薬局の保険薬剤師が、当該患者の同意を得て、...
調剤報酬

在宅患者緊急時等共同指導料【2022年改定】

調剤報酬点数表(2022)より引用 15の3 在宅患者緊急時等共同指導料 700点 注1 訪問薬剤管理指導を実施している保険薬局の保険薬剤師が、在宅での療養を行っている患者であって通院が困難なものの状態の急変等に伴い、当該患者の在宅療養...
調剤報酬

在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料【2022】

主治医だけでなく、主治医と連携する他の医師の指示でも算定ができるようになったというのが、この2022年改定で最も注目すべきポイント(変更点)です。 疑義解釈より引用 2022年改定-疑義解釈-その1より引用 問36 「在宅療養を担う保険...
調剤報酬

在宅中心静脈栄養法加算【2022年改定で新設】

疑義解釈より引用 2022年改定-疑義解釈-その1より引用 問41 在宅中心静脈栄養法加算について、薬剤調製料の無菌製剤処理加算(中心静脈栄養法用輸液)との併算定は可能か。また、在宅患者医療用麻薬持続注射療法加算との併算定は可能か。 (...
調剤報酬

(在宅) 小児特定加算【2022年改定で新設】

調剤報酬点数表(2022)より引用 在宅ー小児特定加算 注6 児童福祉法第56条の6第2項に規定する障害児である患者又はその家族等に対して、必要な薬学的管理及び指導を行った場合は、小児特定加算として、1回につき450点(注2に規定する在...
スポンサーリンク