後発医薬品調剤体制加算【2022年2月9日】答申より

厚生労働省発表資料

2022年2月9日(水)の中医協の総会の答申の資料で、これまでは●黒丸であった、2022年改定の点数案が表示されました。

<スポンサー>

大雑把にまとめると

大雑把にまとめると下表のとおりの改定案となります。

 2022改定案2022現行
後発加算1後発率80%超
21点
後発率75%超
15点
後発加算2後発率85%超
28点
後発率80%超
22点
後発加算3後発率90%超
30点
後発率85%超
28点

別の言い方をすると、

75%以上 80%未満の薬局は

これまで、15点とれていたが、
2022年改定以降は0点となる。

80%以上 85%未満の薬局は

これまで、22点とれていたが、
2022年改定以降は21点の 1点減となる。

85%以上 90%未満の薬局は

これまで、28点とれていて、
2022年改定以降も28点が変わらず算定できる。

90%以上の薬局は

これまで、28点とれていたが
2022年改定以降は30点の 2点アップとなる。

 

【関連】後発率が著しく低い薬局への減算

現行の2020年改定では、
後発率が40%以下と著しく低い薬局は、
調剤基本料から2点減算
のルールがありましたが

2022年の改定案では
後発率が50%以下と著しく低い薬局は、
調剤基本料から5点減点
のルールに変更する となっています。

最後に

今回発表された答申の内容は「確定」ではなく、あくまでも「改定案」ですが、例年ほぼほぼこのとおりに決まることが多いです。

他にも色々と書いています

コメント