【麻薬小売業者間譲渡許可】薬局間で麻薬の譲渡・譲受を行う際の注意点・手順・確認事項について

法律・ルール

<スポンサー>

麻薬小売業者間譲渡許可をとっている薬局でも、麻薬の譲渡・譲受は日常的に行う業務ではありません。
ですから、薬局間で麻薬の譲渡・譲受を行う際は毎回「どうしたらいいんだっけ?」となりがちです。

再確認しておきましょう。

 

麻薬を譲渡・譲受できるのは「この場合のみ」

最も大事なので、最初に確認しておきます。
薬局間で、麻薬を譲渡・譲受できるのはこの場合のみです

麻薬小売業者間譲渡許可に基づいて麻薬を譲渡できるのは、麻薬処方せんに基づき、麻薬の在庫不足から調剤ができない麻薬小売業者に、不足分の麻薬を譲渡する場合に限定されています。

(大阪府発表PDFファイル「麻薬小売業者間譲渡許可をお持ちのみなさまへ」より引用)

大事なので繰り返します。
麻薬小売業者間譲渡許可に基づいて麻薬を譲渡できるのは、この場合のみです。

麻薬処方箋の調剤をしようとしている時で
麻薬の在庫不足があった場合に
不足分の麻薬だけを譲渡・譲受できる

 



「次の場合」麻薬の譲渡・譲受はできない

次の理由だけでは、麻薬の譲渡を行うことはできません。
・使用期限が迫っているため
・不良在庫となっているため

間違えて 譲渡してしまわないように覚えておかなければなりません。

 

麻薬小売業者間譲渡の具体例

オキシコンチン錠20㎎ 2錠 1日2回(1回1錠) 10日分

A薬局が この麻薬処方箋を受け付けました。
しかし、このA薬局には オキシコンチン錠20㎎が1錠しかありませんでした。

事前に麻薬小売業者間譲渡許可申請をしていた仲間のB薬局が、オキシコンチン錠20㎎20錠を在庫していました。
B薬局から不足分の19錠を分けてもらった。

こういった場合に麻薬小売業者間譲渡を行うことができます。

<スポンサー>

 

しかし、次の場合などは不正な譲渡・譲受になってしまいます。

 

B薬局「うちのオキシコンチン錠20㎎ 20錠1箱未開封だから、1箱全部譲渡するわ」
×ダメ ⇒ 譲渡可能なのは、不足分だけなので 不足分の19錠を超えて譲渡することはできない。

 

B薬局「うち不良在庫になってるオキシコンチン錠40㎎があるんよ、それも一緒に譲渡するわ」
×ダメ ⇒ 譲渡可能なのは、不足分だけなので 不良在庫 という理由では譲渡することはできない。

 

麻薬以外で、仲間の薬局同士で上記のようなやり取りをしていても、麻薬ではそれは行うことができません。

許可に基づく譲受・譲渡を行う場合の手順

「もらうA薬局」「わたすB薬局」という2薬局で、
事前に麻薬小売業者間譲渡許可申請を行い、
それぞれの薬局が 麻薬小売業者間譲渡許可(証)を持っていたとします。

もらうA薬局が受け付けた麻薬処方せんの写し 及び 譲受人(もらうA薬局のスタッフ)が作成した譲受確認書と引換えに麻薬を交付し、同時に、自ら(わたすB薬局)が作成した譲渡確認書を麻薬の譲受人(もらうA薬局のスタッフ)に交付する。

 




最後に

薬剤師筆者の薬局は大阪府にありますので、大阪府が発表した情報をもとに作成しました。
が、他の都道府県でも大きく異なることはありません。
当ページの情報は参考程度にして下さい。

正確な情報は
大阪府発表の資料「麻薬小売業者間譲渡許可をお持ちのみなさまへ
もしくは、ご自身の薬局の都道府県のホームページ等でご確認ください。

他にも色々と書いています

コメント