割線がない錠剤でも自家製剤加算(錠剤分割)は算定可能ですか?【2022年改訂】

調剤報酬クイズ

Q:割線がない錠剤でも自家製剤加算(錠剤分割)は算定可能ですか?

 

(答えは下)

 


 

A:算定可能です。
(割線がない錠剤でも自家製剤加算(錠剤分割)は算定可能です。)

根拠は下記、厚生労働省発表資料です。

2022年改定-疑義解釈-その1より引用
問13
 自家製剤加算について、錠剤を分割する場合は、割線の有無にかかわらず、所定点数の100 分の20 に相当する点数を算定するのか。

(答)そのとおり。

<スポンサー>

 

と書かれているとおりです。

錠剤を分割する場合なので『錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の内服薬』の所定点数20点の100分の20に相当する点数である4点/(7日分毎)が算定できます。

2022年改訂までは、錠剤に割線がある場合と、錠剤に割線がない場合で、自家製剤加算(錠剤分割)の算定可否ルールが異なっておりややこしくもあったのですが、2022年改訂からはこれがなくなりました。

大雑把に言うと、
・分割した。(錠剤を半分に割った)
・分割するよう医師の指示がある。
・分割後の規格が発売されていない。(例:10㎎錠は発売されているが、半分の5㎎錠は発売されていない)
これら3つの要素が満たされていれば算定できます。

関連ページ

自家製剤加算-2022年改定【厚生労働省の原文確認ページ】
厚生労働省の発表資料の原文そのままを確認できるように文章を引用したページです。「見出しを付ける」「注釈枠を入れる」「解説コメント枠を入れる」等の編集は行っていますが、原文・内容自体には手を加えていません。疑義解釈より引用2022年...
嚥下困難者用製剤加算 とは【2022年改定】
嚥下困難者用製剤加算 については、2020年改定➡2022年改定で 特に大きな変更はありませんでした。まずは疑義解釈を確認します疑義解釈より引用2022年改定 疑義解釈2022年改定-疑義解釈-その1より引用...
他にも色々と書いています

コメント