セロクラール(イフェンプロジル)は脳梗塞後遺症だけでなく「めまい」も改善させる薬

薬・治療・病態 各論

セロクラール(イフェンプロジル)の「めまい」を改善させる作用について勉強してゆきます。

セロクラール錠の基本情報

【 効能又は効果 】
脳梗塞後遺症、脳出血後遺症に伴うめまいの改善

【 用法及び用量 】
通常成人には、イフェンプロジル酒石酸塩として20mgを1日3回毎食後経口投与する。
セロクラール錠の添付文書より抜粋・引用

・脳梗塞後遺症
・脳出血後遺症に伴うめまいの改善

に使用する薬との記載がある通り、セロクラール(イフェンプロジル)は「脳やその周辺の血流を改善させる薬」です。

『え?私「脳梗塞」も「脳出血」も起こした事なんてないよ!?それなのに今日、セロクラール(イフェンプロジル)が処方されたよ』という方もおられると思います。

それで大丈夫です。

脳梗塞を起こしたことがない患者さんにも処方されることがあります

実は「軽微な脳梗塞」は気づかないうちに発症して気付かないうちに治っていることがあります。

しかもMRIをとっても、脳梗塞が起こっていたかどうか、医師でもわかりにくい程軽微なケースもあります。

ですから、脳梗塞or脳出血を起こしていた「可能性がある」だけでも処方されることがある薬です。

※MRIとは magnetic resonance imaging の略で、直訳すると磁気共鳴映像法。人体に電磁波を当てて脳などを診断するために断層撮影をする方法のこと。

<スポンサー>

MRI検査は受けるだけでも結構不安なもの

めまいが続くので、脳神経外科を受診して、そしてMRIをとったという患者さんは、精神的にかなり不安になっていると思います。

私も薬局で薬剤師業務をしていて、患者さんからそのような話を聞かせてもらった事は何度かあります。

しかし、そんなに心配しなくても大丈夫です。この薬が処方されたということは、あなたの「脳梗塞」もしくは「脳出血の後遺症」や「めまいの症状」はかなり「軽症」と思われます。

そして、セロクラール錠(イフェンプロジル錠)は比較的安全な薬です。

※比較的安全とは、下記の意味で使用しています。
・重篤な副作用を起こす危険性が少ない。
・この薬に特徴的な副作用は少ない。
・他薬との相互作用も少ない。

症状は「めまい」しかないけど、セロクラール(イフェンプロジル)が処方された患者さんも安心して服用いただけます。

最後に禁忌を引用しておきます。

【 禁忌(次の患者には投与しないこと) 】
頭蓋内出血発作後、止血が完成していないと考えられる患者

セロクラールの添付文書より引用

最後に

当サイトはあくまで一般的な注意点や説明を記載しています。実際はその方の年齢や性別、その他合併症、併用薬の有無など、個人によって治療方法が異なります。当サイトの情報は「参考程度」に留めておいてください。当サイトでは、取り上げた情報により生じた健康被害等の責任は一切負いません。


他にも色々と書いています

コメント