調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)は同時に算定可能ですか?【2022年改訂】

調剤報酬クイズ

Q:例えば 内服薬と外用薬が同時に処方されている場合、調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)は同時に算定可能ですか?

 

(答えは下)

 


 

A:算定不可です。
(調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)の同時算定はできません。)

根拠は下記、厚生労働省発表資料です。

2022年改定-疑義解釈-その1より引用
問16
 内服薬(内服用滴剤、浸煎薬、湯薬及び屯服薬であるものを除く。)と外用薬が同時に処方された場合、調剤管理料1及び調剤管理料2を同時に算定可能か。

(答)不可。内服薬(内服用滴剤、浸煎薬、湯薬及び屯服薬を除く。)以外のみが処方された場合、調剤管理料2を算定する。

 

と書かれているとおりです。

大雑把に言うと、
・内服薬が1つでも処方されていたら外用薬(内服薬以外)の有無に関わらず、調剤管理料1のみを算定。
・内服薬以外のみが処方されている場合、調剤管理料2のみを算定。
・調剤管理料1(内服薬)と調剤管理料2(内服薬以外)が同時算定できるパターンは無い。

という事です。

調剤管理料1(内服薬)
1 内服薬(内服用滴剤、浸煎薬、湯薬及び屯服薬であるものを除く。)を調剤した場合(1剤につき)
イ 7日分以下の場合 4点
ロ 8日分以上14日分以下の場合 28点
ハ 15日分以上28日分以下の場合 50点
ニ 29日分以上の場合 60点
調剤管理料2(内服薬以外)
2 1以外の場合 4点

 

関連ページ

調剤管理料【2022改定】と薬剤調整料も 旧-内服薬調剤料との比較
2020年改定まで内服薬を調剤することへの評価は「調剤料」にてされていましたが、2022年改定からは「調剤料」は無くなり「薬剤調整料」に改められました。また、調剤後の管理も含めた業務に対する評価として「調剤管理料」が新設されました。...
2022改定-疑義解釈-その1【調剤部分抜粋】2022.03.31
厚生労働省発表資料(疑義解釈-その1)から、調剤部分を抜粋してそのまま掲載しています。見出しをつける等の編集は行っていますが、原文そのままを載せています。【調剤基本料】問1 同一グループ内の処方箋受付回数の合計が1月に4万回を超え...
令和4年度調剤報酬改訂のポイント(2022年改定)2022年改定-疑義解釈-その1,その3(その2,4には調剤関連の記載なし)調剤技術料調剤基本料(42点等)調剤基本料の注4(50%減算)(妥結率50%以下等)調剤基本料の...

 

他にも色々と書いています

コメント